計算地域および数量を定積分

の地域の台形曲線

の地域の台形曲線上の有界のグラフに連続的にモニタリングするセグメント 機能は、 直線 同等の

 

Обчислення площ і обємів за допомогою визначеного інтеграла

例です。計算には、図囲のライン

描いたこのラインの作曲台形

 

Обчислення площ і обємів за допомогою визначеного інтеграла

 

地図の上の有界のグラフの機能に直接

が与えられた間隔の 連続関数 しての物件が 全て

 

Обчислення площ і обємів за допомогою визначеного інтеграла

 

例です。計算には、図囲のライン

描画、指定された線と横の交差点ポイントです。

横軸が交差点のポイント:

次の算式により

 

Обчислення площ і обємів за допомогою визначеного інтеграла

 

量体

さらに一般の場合

合体を挟んで両軸直角方向 面を通過するポイント して

場所 は、断面積、体面を通過するの に対して垂直の軸

 

Обчислення площ і обємів за допомогою визначеного інтеграла

 

身体の回転

場合には本体の取得による回転方向の軸の周りを 、曲線台形で、限定のスケジュールとnewme連続関数 の間隔で 直線 および その

 

Обчислення площ і обємів за допомогою визначеного інтеграла

 

タグ:
セクション:
セクション: 代数学、解析
他の言語のバージョン: