定積分

の定義が機能 を設定間隔 および その 明確な積分 の機能 に間隔 が数の制限の積分の和 f

ることが

の建設を積金額の例を決定するのは台形曲線

ようにセグメント の設定値及び連続機能

 

Визначений інтеграл

を決定するの曲線形台形限界曲線を とストレート は、分割カット ポイント

部品の選択したそれぞれの得られた一部セグメント の任意の点の の関数 でこれらの点の和

この金額は合計の青い矩形の積分の和です。

今なら数分割ポイント増加無限の長さの最大(上端)の一部を切り離がゼロの価値 がある程度の限界 に依存しない方の部門 を選択ポイントの 一部セグメントは、その価値 と呼ばれる地域の台形曲線、

数式のニュートン-ライプニッツ

機能が 定義され連続的にモニタリングする間隔を その積分(すなわち 、その

例です。 として のプリミティブ

の基本的性質の定積分

  1.  
  2. その

タグ:
セクション:
セクション: 代数学、解析
他の言語のバージョン: