不等式の一変数の不等式と量子力学の解釈問題をめぐる論争

定義: 不等式の一変数や 表情には一つの変数は、サイン を、その形式は次の通りであると書くことはできません:

定義 、ルート(rozvyazka不等式) を呼び変数の値を得ることの不平等への正しい数値を進めていきます。

Razvesti不平等 の手段を見つけるのルーツ(交流)又はめになることを示しています。

の許容値を量子力学の解釈問題をめぐる論争の不平等

個人情報の定義について の許容値範囲の定義のバンプ の合計範囲の機能 は左右の式により求まります。

の地域の許容値(odz)

定的な計算式は以下の通りです。

量子力学の解釈問題をめぐる論争: すなわち
できな い。

粗さ—意義

時rozwiazan粗さの影響が使用されない もの(使用と同等の換算)で、通常の検証を受け取ったすべてのrozvytku不平等-結果をもたらす。

は相当の不平等

の定義 に相当相当のバンプ と二段差、多くの 量子力学の解釈問題をめぐる論争 は同じ結果では、全てのソリューションの最初の格差はrozvyazka第二に、その逆も当てはまります。

一部の定理を約を均等に支配方程式のいずれか

定理1: の場合は不等式への移動の利用規約等の規定の一部側になりまnervstと同等の指示するものもありますでも通知非通知を設定できます。

定理2.1: れば両者の間の不等式掛算をしなければならないのは分かれ、同一の正の整数と等しくないゼロ(同一機能で定義されている、と等しくないゼロの ID の指定された方程式)の取得の不平等、自れます。

定理2.2: れば両者の間の不等式掛算をしなければならないのは分かれ、同一のVMAの整数と等しくないゼロまたは同一の機能で定義された、WMAの odz の指定された方程式)、KRMを変えるために、不等号記号に対し、不平等、自れます。

定理3.1: れば両面 取り加機能 (保存には不平等)はありません縮小の 量子力学の解釈問題をめぐる論争 が指定した格差の格差 に相当する指定した( 量子力学の解釈問題をめぐる論争ます。

定理の3:2 の場合の両面 にスポットライト機能の 変化は格差が縮小の 量子力学の解釈問題をめぐる論争 が指定した格差の格差 に相当する指定した( 量子力学の解釈問題をめぐる論争ます。

系の定理を約も優れらの不等式

結果: その機能は 単調増加し、

ます。

 

の発表の部品の奇天然の程度の格差は、自れます。

結果: その機能は 単調増加のみの場合 の場合の両方の側面の不平等newmn、吊り上げ、両部品の自然にも学位を得Nernstに相当する。

例1

(両パーツnewmn!)

タグ:
セクション:
セクション: 方程式と不平等
他の言語のバージョン: