削減分の画分が共通の分母

使 の基本的性質の端数 は、置き換えることができる定数の等しいことが、小分子、分母です。 この置換は 減分します。

削減分 するのに必要 最大公約数の その 分母と分子:GCD(m,n)を分割する分母と分子のこと。 まGCD(m,n)=1のときには、端数を短縮することはできない。

例の削減分別物

例1:単純化の割合

液GCD(8;16)=8,そして

例2:簡略化の割合

液GCD(5;35)=5、

例3:簡素化を含む複数の分子を同定

液GCD(222;352)=2のときその

例4:簡素化を含む複数の分子を同定

液GCD(8;9)=1、その後、これらの条件を満の端数を短縮することはできない。

建設分に共通の分母

端数の削減に な最低の共通分母です。 ですが、少なくとも普通に複数の(LCM)の要素はこれらの端数が最小となる数で割り切れの分母の分別物です。

の建設株例

例1: くの共通分母: -

日本精工(4,5)=20ます。

—補助乗数の割合は、
—補助乗数を含む複数の分子を同定できた。

その後:

例2: 低減のための共通分母: -

日本精工(45,15)=45ます。

—補助乗数の割合は、
—補助乗数を含む複数の分子を同定できた。

その後:

セクション:
セクション:
他の言語のバージョン: