この研究の機能をグラフ化機能

例です。

その機能はないものも数および定期的な

または

または

 

Дослідження функції

 

の点をそのまま)に属していることがわかってや価値観 のポイントの活用

のサインの誘導体でのみを変更点

 

Дослідження функції

 

 

Дослідження функції

 

 

Дослідження функції

 

  1. 範囲
  2. パリティは、奇数パリティは、 周期性
  3. の交差点の座標軸
  4. の誘導体 および 重要なポイント
  5. 間隔で増減少し、極端なポイント(または、機能の値をこれらのポイント)
  6. 行動の機能の 範囲のasymptotesのグラフの機能(縦、横、斜め)

     

    Дослідження функції

     

    ときに

    の場合

    そのため、 垂直asymptote

    以降

    その後 の家 、斜めasymptote

  7. 第誘導体及び研究機能の膨らみやgnutt
  8. が探したい制御点を指定する行動グラフ
  9. 当研究建築スケッチのグラフ機能
タグ:
セクション:
セクション: 代数学、解析
他の言語のバージョン: