二次関数、グラフ次機能

定義: 二次関数 と呼ばれる関数の形態

物の二次機能

場合は その機能はないものも数

in —steamroom

二次関数が連続diferencianの全体番号線

場合に は減 および増加する中 で、 最小は、

増加する と減 り、

座標の頂点のパラボラ:

;

軸対称性ラボ

  1. 範囲
  2. 複数の値
  3. パリティは、奇数パリティ
  4. 継続微分可能性との関係を考
  5. の増減は、極端
  6. グラフの次数は、常に パラボラが枝監督上向き と下が

グラフの二次機能

 

Квадратична функція

 

対称対の軸

 

Квадратична функція

 

グラフの機能を伸ばして または張り出して 0~ の軸心に対して の数と同一の数

 

Квадратична функція

 

 

Квадратична функція

 

グラフの機能の上昇時 以下の場合

 

Квадратична функція

 

 

Квадратична функція

 

のパラボラを横軸 のC

 

Квадратична функція

 

どのようにグラフは次の機能

方法

場合 は、支店、 支店の下

  1. 計算√トップ
  2. 代理 の方程式および計算のy座標をトップ
  3. 構築スケッチのパラボ( )頂点がポイント

II方法

(軸に沿った 上で 、軸 )

  1. Razvesti二次方程式
  2. 利用 の変化のグラフは、 実行パラレル転送パラボ
タグ:
セクション:
セクション: 機能グラフ
他の言語のバージョン: